大野山アルプスランドでキャンプ

シェアする

先日、兵庫県猪名川町にある大野山アルプスランドにキャンプに行ってきました。阪神地区で最も標高の高い大野山(753m)の山頂付近にある無料キャンプ場です。

芝生が広がる気持ちがいいキャンプ場ですが、斜面が多いので人が多い週末には平坦な場所取りに苦労すると思います。週末以外しかキャンプに行かない私達は、今まで場所取りという苦労はしたことがありません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

名水「長寿の滝」

キャンプ場には炊事場がありますが、水は飲めません。

イオンモール猪名川で食材と飲み水を購入します。キャンプ場に行く途中、柏原の大野口バス停付近の「ペンションきのこ園」あたりに「長寿の滝」と小さな看板がある。その前の川を渡り、湧き水を汲んでおくとよい。

無料キャンプ場「大野山アルプスランド」

芝生が広がるフリーサイト。斜面が多いので、点在する平坦な場所は賑わう週末には場所取りが厳しいだろう。人が少ない平日にはゆっくりと出来る。7月20日(祝)・21日(火)の1泊だったが他のキャンパーは5組、そのうち3組はソロキャンパーである。

賑わう連休にキャンプしていた方は、無料でチェックアウトが無いので夕方まで滞在される方が多い。日曜日からキャンプする場合、夕方近くの到着がいいだろう。

標高が高く風が強かったので防寒は必須です。Tシャツ2枚重ねと長袖シャツでは、夜に風が吹くと寒かった。伊丹より5度は低いはず。真夏でもパーカーやフリースを持参しましょう。風が強かったせいか虫がいなかった。

キャンプ場横の一方通行の道路から荷物を運ばなければならない。出来るだけ装備はコンパクトかつ軽量化したほうがいい。

キャンプを終えて

事前に薪を準備したのは正解だった。肌寒い夜の焚き火は気持ちがいい。焚き火の炎と綺麗な夜景に満天の星空。塊肉を焼いて食べ、バーボンを飲みリラックスした素敵な夜だった。メンバー全員がキャンプ道具を持っていて道具話が非常におもしろい。

次回キャンプについて

参加メンバーや人数によってキャンプ場を決定します。道具を持っていない方が参加される時には、道具がレンタルできるキャンプ場を選びますので安心してご参加ください。

次回キャンプは8月末か9月を予定しています。参加希望の方はぜひとも声を掛けて下さいませ。

2016年初キャンプはステーキと骨付き鶏と焚き火
5月15・16日に2016年の初キャンプに行ってきました。半年振りのキャンプなのでワクワクしすぎて、今月だけでアマゾンから3回も荷物...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

大野山アルプスランドでキャンプ
この記事をお届けした
伊丹 SHOT BAR SunafukiN(ショットバー スナフキン)の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!