「坊やだからさ」ガンダムの中でシャアが飲んでいたラム酒はこれだ!

シェアする

お知らせさせていただいたとおり、新しいラムが入りました。ガンダムの中でシャアが飲んでいたラムです。

伝統的なアグリコール・ラム独特の味わいをお楽しみください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ラマニー 1749 アンブレ

フランス領マルティニーク島のラ・マニー蒸留所は、伝統的なアグリコール製法で豊潤なラムを生み出しています。
オークの大樽で12~18ヶ月熟成。

ブリュッセル・ワールド・コンクール2015で銀賞
パリラムフェア2013では金賞受賞

香り:温めた砂糖やスパイス、木の香り。
味わい:滑らかで優しく、繊細。熟成の影響だと思われる、樽香や温めた砂糖、キャラメルも。
フィニッシュ:複雑で心地よく、はっきりとしたウッディな香り 。

あのシャア・アズナブルも飲んでいたラム (旧エルヴ・ソー・ボア)の後継品

「機動戦士ガンダム」で主人公アムロのライバルで「赤い彗星」と呼ばれる「シャア・アズナブル」。ガンダムの中で酒と言われて多くの人が真っ先に思い出すのは、やはりシャアの「あの場面」でしょう。

ガルマ・ザビの国葬で、ギレン・ザビが「諸君らが愛してくれた弟のガルマは死んだ。なぜだ!」と演説する。
それを酒場のテレビで見ていたシャアが一言、「坊やだからさ」とつぶやく――
アニメ「機動戦士ガンダム」のあまりにも有名なシーン。

このときシャアが飲んでいたお酒が、「ラム」である「ラ・マニー」なのです。

もっとも、アニメでははっきりと描かれているわけではないのですが、ファーストの作画監督を務めた安彦良和氏のコミック『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の同じ場面には「LA MAUNY(ラ・マニー)」というラムが登場します。

ひとくちにLA MAUNY(ラ・マニー)と言っても、熟成年数やランク、方法などの別に、何種類か存在しています。
その中で、ガンダムでシャアとともに描かれているものは、そのラベルデザインとボトルの形状から[ELEVE SOUS BOIS(エルベ・ス・ボア)]であろう、というのが通説になっています。

 「ラマニー エルヴ・ソー・ボア」は18ヶ月という短期熟製のアグリコール・ラム。

「ラマニー エルヴ・ソー・ボア」の後継品が、今回新しく入荷した「ラマニー 1749 アンブレ」です。

ガンダムファンやシャアファンの方に、ぜひ飲んでいただきたい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

「坊やだからさ」ガンダムの中でシャアが飲んでいたラム酒はこれだ!
この記事をお届けした
伊丹 SHOT BAR SunafukiN(ショットバー スナフキン)の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!