スコッチウイスキーはシングルモルトが面白い

シェアする

スコッチウイスキーの中でも、一つの蒸留所のみで作られた「モルト(大麦麦芽)だけを原材料としたウイスキー」のことをシングルモルトウイスキーという。

スコットランド各地にはモルトウイスキーだけで100を超える蒸留所が存在します。スコットランドの中でも、ハイランド、ローランド、スペイサイド、アイラ、キャンベルタウンの5つの地域を伝統的な生産地域に定められている。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ハイランド

ピートがして飲みごたえのあるものが多く、北部ほどその傾向が強い。

グレンモーレンジ オリジナル

複雑かつ華やかで、「香りのデパート」と評される。スコットランドで最も飲まれているシングル・モルトである。

スペイサイド

スペイサイドモルトは、全モルト中で最も華やかでバランスに優れた銘酒揃い。

グレンフィディック12年

世界で一番飲まれているシングルモルト」。世界全体でのシェアはおよそ35%にのぼる。

ローランド

穏やかな風味のウイスキーが多い。

オーヘントッシャン

スコッチ・ウイスキーの中で唯一、3回の蒸留行われる。そうすることでアルコールの純度が高くなり、柔らかくクセがない風味に仕上がっている。

アイラ

蒸留所は海辺に建てられており、その影響からアイラ・モルトはヨード臭がし、さらにピート由来のスモーキーさを持つ。

ラフロイグ10年

その風味は薬品、消毒液、タールにたとえられることがあり、好みが分かれる。チャールズ皇太子愛飲の酒としても知られ、シングルモルトとして初めてプリンス・オブ・ウェールズ御用達の勅許状が与えられた。

キャンベルタウン

香り豊かで、オイリー、塩っぽい風味を持つ。

スプリングバンク10年

全てのモルトウイスキーの中で最も塩味が強いと評される。

まとめ

シングルモルトウイスキーは生産する地域によって特徴があります。飲み比べてお好みの1本を探すのも楽しみの一つです。

バーボンでもスコッチでもないアイリッシュウイスキー
10月22日(土)は第15回伊丹まちなかバルでした。3人体制から2人になってバタバタしましたが、大きなトラブルも無く無事完売でき...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スコッチウイスキーはシングルモルトが面白い
この記事をお届けした
伊丹 SHOT BAR SunafukiN(ショットバー スナフキン)の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!