ショットバースナフキンに定休日はございません。ご来店お待ちしております。

ワンランク上のおすすめ本格派カシス・リキュール

お酒の話

 

男女問わず人気が高く誰もが飲んだことがあるであろうカシスリキュール「クレーム・ド・カシス」。カクテルで幅広く利用されている知らない人はいないほどの知名度を誇る定番リキュールです。

カシス・オレンジやカシス・ウーロン、カシス・ソーダなど居酒屋やカラオケでも飲むことが出来る代表的なカクテルですよね。

そんなカシス・ベースのカクテルはどこで飲んでも同じだと思っていませんか?

 

スポンサーリンク

クレーム・ド・カシスとは?

 

クレーム・ド・カシス (Crème de Cassis) は黒すぐりを原料とした、甘味の強い深紅のリキュールである。様々なカクテルに使われる他、そのまま(ロック)でも楽しまれる。

クレーム・ド・カシスは蒸留を経ていないリキュールであり、温度変化や酸化に弱い。開栓後はその都度密封して冷蔵保存する必要があります。

 

「クレーム・ド」って何?

一般的には、カシスリキュールのことをクレーム・ド・カシスだと思っている人も多いようですが、実際のところ「クレーム・ド」というのは、スパークリングワインで言う所の「シャンパン」のようなものであり、特定の条件をクリアした果実リキュールのみに付けられる名前です。

果実系のリキュールが「クレーム・ド」と名乗れるのはEUの規定によって決められている。糖の含有量が250g/Lだとクレーム・ドを名乗ることができるが、カシスリキュールの場合は例外で、糖の含有量が400g/Lでないとクレーム・ド・カシスと名乗ることができません。それに加えてアルコール度数も15度以上と規定されており、16~20度に調整されている商品が多い。

栄養豊富なカシス

カシスにはビタミンC以外にも、ビタミンAやビタミンE、マグネシウム、鉄分などのミネラル、アントシアニン、βカロテンを摂取することができる栄養が豊富な優れた果実です。主に眼精疲労や肩こり、肌にも良いといわれます。動脈硬化や脳卒中の防止も期待できる。

 

当店おすすめのカシスリキュールとは?

カシス・リキュールの定番「ルジェ」社のクレームド・カシスが一般的に有名です。特にこだわりの無いお店では、この銘柄を使っていると思います。

皆さんが飲んだことがあるカシスベースのカクテルは「ルジェ・カシス」というリキュールなのですが、その他の銘柄を試したことがありますか?

 

「フィリップ・ド・ブルゴーニュ」社のクレーム・ド・カシス

 

普通のカシスリキュールに飽きてしまった人やワンランク上のカシスリキュールを試してみたい場合に必ず名前が挙がるのが「フィリップ・ド・ブルゴーニュ」です。カシスリキュール好きの人から絶大な支持を得ている、本格派の人の定番カシスリキュールです。

その人気の秘訣は重厚な飲み口です。とにかく”濃厚”ということに尽きるでしょう。味も濃いですが色も濃いです。その濃厚さは上品で嫌味な後味がなく、カシスの酸味とリキュールの甘みがいつまでも余韻を引く感じがあります。

「フィリップ・ド・ブルゴーニュ」の持つ濃厚な味と香りは「ルジェ・カシス」等とは明らかな違いを感じることができ、カシスの味を存分に楽しむことができます。

重厚なコクと果実の味わいを楽しめる高級カシスリキュールです。もちろん冷蔵保存していますので、ボトル棚ではなく冷蔵庫にあります。

 

ロックで飲めるおすすめリキュール5選
9月になっていかがお過ごしですか? 私JUNは、台風の影響でキャンプ予定がキャンセルになり、このために購入した道具を使いたくてたまりません。9月はもう1つ予定があるので天気がよくなることを祈ってます。 さて、先日お客様から「...
土地によってレシピが違う!カクテル「シャーリーテンプル」はノンアルコール?関西バージョン?
お店によってカクテルの味が違うことはよくあります。 ベースになるお酒の銘柄が違えば風味が変わるのはよくあること。ほかにも、少しだけレシピを変えていたり、隠し味をプラスしていたり。 そんな星の数ほどあるカクテルの中でも、作り方...
美容と健康に効果アリ!クランベリージュースを使ったカクテル
3月も残り1週間となりましたが、まだまだ夜は寒さが残っていますね。来月になると桜の季節になるので、早く寒さが和らいで欲しいと思います。(花粉症も早く和らいで欲しい・・・) 昼間と夜中の温度差で、どんな服装で出勤したらいいのか迷って...

 

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。