新しくラムを2銘柄追加しました。ジャマイカ・ラムとスパイスド・ラム

本日、8月26日は「いたみ花火大会」です。19:30~20:30と開催時間が例年より30分早くなっています。ご予定の方は、時間に注意してくださいね。

毎年、8月最後の土曜日は伊丹の花火大会です。夏の締めくくりをお楽しみください。

当店は20時からオープンしています。花火大会のお帰りにご利用頂けると嬉しく思います。

さてさて、昨日Twitterでお知らせしましたが、ラムを2種類追加しました。

目次

アプルトン・エステート 12年

1749年創業、ジャマイカ最古のラムメーカーと言われるアプルトン社。サトウキビ栽培から瓶詰めまで自社で行う数少ないラムメーカーの一つです。

オーク樽で最低12年以上熟成させた原酒をブレンドしたマスターピース。深く奥行のある味わいは、ストレートやロックで飲むのにふさわしい逸品です。

洗練された香りが特長。数々のコンテストでの受賞暦をもつプレミアムラム。

セイラー・ジェリー・スパイスド

アメリカでNo.1タトゥー・スタイリッシュ・アーティストと言われたノーマン“セイラー・ジェリー”コリンズ(1911~1973)が好んで飲んでいたというオリジナルのレシピに基づいて再現したスパイスド・ラム。

ヴァージン諸島で蒸留したラムに、バニラ、ライムなどを使用。バニラやバターキャラメルの様なふくよかな甘い香りが特徴と言えますが、味わいは決して甘ったる物ではなく、しっかりとラムを感じさせます。

これからの季節ラムコークやラムソーダのベースにもオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる