ロイズの生チョコはスコッチウイスキー「バランタイン17年」とともに

こんにちは。早いもので2月になってしまいました。節分も終わり、もうすぐバレンタインですね。

節分にはミックスナッツの燻製を作りましたが、人気ですぐに完売してしまい申し訳ございませんでした。好評につき、近いうちに再びスモークしますね。

さて、バレンタインも近いということで、ウイスキーにベストマッチの生チョコが届きました。

目次

ロイズ 生チョコレート<バランタイン17年>

今年も北海道の有名チョコメーカー「ロイズ」の生チョコが入荷しました。バレンタインのシーズン限定のスコッチウイスキー「バランタイン17年」を加えた大人のチョコレートです。

数量限定なのでお早めにお試しください。

バランタイン17年

ロイズの生チョコに合わせるのはもちろんブレンデッド・スコッチウイスキー「バランタイン17年」。

バランタイン17年が発売されたのは1937年。17年以上樽熟成されたモルトウイスキー原酒40種類とグレンウイスキー原酒4種をバッティングしてこの複雑な香味を作り上げています。

その中でも魔法の7柱」と呼ばれるシングルモルトウイスキー7つをキーモルトに使用して作られます。その7つとは、スキャパ・プルトニー・バルブレア・グレンカダム・グレンバーギ・ミルトンダフ・アードベッグです。

このシングルモルトウイスキーと生チョコを合わせても相性バツグンですよ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる