ショットバースナフキンに定休日はございません。ご来店お待ちしております。

土地によってレシピが違う!カクテル「シャーリーテンプル」はノンアルコール?関西バージョン?

 

お店によってカクテルの味が違うことはよくあります。

ベースになるお酒の銘柄が違えば風味が変わるのはよくあること。ほかにも、少しだけレシピを変えていたり、隠し味をプラスしていたり。

 

そんな星の数ほどあるカクテルの中でも、作り方によって大きな違いがあるメニューがあります。それが「シャーリー・テンプル」なんです。

 

スポンサーリンク

カクテルブックによくある標準的なレシピとは?

いろいろなカクテルの本に掲載されている標準的な「シャーリーテンプル」といえば、映画の名子役の名前から来ているノンアルコール・カクテルなんです。

ザクロ風味のグレナデンシロップをジンジャーエールで割ったシンプルなもの。

 

1930年代に禁酒法が廃止になり、家族づれでお酒が飲めるようになった時に、親がお酒を飲んでいるとき、子供たちが飲めるようにと発明されたソフト・ドリンクが起源とされています。

 

材料

グレナデンシロップ 20ml

ジンジャーエール 適量

レモンスライス 1枚

 

作り方

タンブラーグラスに氷を入れ、グレナデンシロップを注ぐ。

ジンジャーエールで満たし、軽くステアする。

レモンスライスを飾って完成。

 

 

グレナデン(ざくろ)の甘い口当たりとジンジャーエールで飲みやすく、すっきりとしたレモンの香りが爽快な味わいです。

 

 

関西版・シャーリーテンプルとは?

大阪にあったディスコ「マハラジャ」のバーテンダーが、ノンアルコールのカクテル「シャーリーテンプル」が存在することを知らずに、オリジナル・カクテルとして考案してしまったそう。

関西で一般的に「シャーリーテンプル」といえば、カシスリキュールを使ったアルコール入りのカクテルなんです。

 

正確な作り方は決まっていない?

カシスリキュール入りの関西版シャーリーテンプルの正確なレシピは決まっていません。

どのパターンでも、カシスリキュールを、柑橘系フルーツジュースと炭酸飲料で割ったロングカクテルというのが一般的だといわれています。

 

オレンジやグレープフルーツ、ソーダやトニックやジンジャーエールなど、いろいろな組み合わせパターンがあるんですが、今回は代表的な2種類のレシピを紹介しますね。

 

 

大阪で一般的なレシピ

カシスリキュール 30ml

グレープフルーツジュース 45ml

トニックウォーター 適量

 

京都で広まっているバージョン

カシスリキュール 30ml

オレンジジュース 45ml

ソーダ 適量

 

上記2つ以外にも無数のレシピが存在します。

アルコール入りの場合、カシスベースのロングカクテルというのが一般的な共通点となっています。

 

 

あとがき

バーや飲食店で「シャーリーテンプル」をオーダーするときには、ノンアルコールなのか、カシスベースのカクテルなのか確認するようにしてくださいね。

お酒を飲めない方は特に気をつけてください。

 

個人的には、カシス・グレープフルーツ・ジンジャーエールがお気に入りですね。

ぜひお試しください。

 

ワンランク上のおすすめ本格派カシス・リキュール
男女問わず人気が高く誰もが飲んだことがあるであろうカシスリキュール「クレーム・ド・カシス」。カクテルで幅広く利用されている知らない人はいないほどの知名度を誇る定番リキュールです。 カシス・オレンジやカシス・ウーロン、カシス・ソーダ...
美容と健康に効果アリ!クランベリージュースを使ったカクテル
3月も残り1週間となりましたが、まだまだ夜は寒さが残っていますね。来月になると桜の季節になるので、早く寒さが和らいで欲しいと思います。(花粉症も早く和らいで欲しい・・・) 昼間と夜中の温度差で、どんな服装で出勤したらいいのか迷って...

 

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。