ショットバースナフキンに定休日はございません。ご来店お待ちしております。

ジャニス・ジョプリンが愛した酒「サザン・カンフォート」

 

お酒と音楽とのつながりは深く、様々なエピソードが残されています。

今回はその中でも、ヒッピー文化と共に生きたブルース&ロックの女王「ジャニス・ジョプリン」と、フルーツフレーバーリキュール「サザン カンフォート」の紹介をさせていただきます。

両方とも大好きなので皆さんに知ってもらいたいんですよね。

 

スポンサーリンク

ジャニス・ジョプリン

“音楽史上最高の女性スター” と称される伝説の女性シンガー、ジャニス・ジョプリン。

1970年10月4日に27歳の若さでこの世を去るまでわずか4年という活動期間ながらも、魂を振り絞るような歌とパフォーマンスで、1960年代のミュージックシーンに強烈なインパクトを残した。

 

煌びやかなボヘミアンファッションに身を包み、ときに雄叫びを上げるように、ときに優しく語りかけるように、全身全霊で愛や孤独を歌う……。
ヒッピーのアイコンとしても多大な影響を与えた彼女。

 

常に自分の居場所を求めて孤独と向き合い、やがて酒やドラッグが常に欠かせぬ友となり、最終的に命を奪うことになった。
彼女のお気に入りの銘柄は「サザン・カンフォート」だった。

ジャニス・ジョップリンはこのリキュールを愛飲しており、しばしばステージの上にボトルが置いてあったことでも知られています。

 

サザンカンフォート

 

アメリカ、ニュー・オーリンズ生まれのフルーツフレーバーリキュール「サザン カンフォート」。

 

1889年に、メンフィスで製品販売が開始された初期のアルコール度数は50度と比較的高かったが、その後徐々に下げられ、2004年のリニューアル以降は日本国内においては21度のものが販売されている。
また、ベースとする蒸留酒も、バーボンウイスキーベース(サザンカンフォート・リザーブ)から、中性スピリッツ(ホワイトリカーの原料)に移行している。

 

代表曲「Move Over 」収録アルバム「Pearl」

 

 

代表曲「Move Over 」が収録されているのは、ジャニス・ジョプリン最後のアルバム「パール」。本作が完成する前の1970年10月4日にジャニスが亡くなり、1971年1月に遺作として発表された。9週連続で全米1位。

 

2003年に『ローリング・ストーン』誌が選出した「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」で122位にランク・イン。

 

 

 

生産国によって特徴が違う!ラム酒の飲み比べが面白い
ラムって様々な国で生産されているってご存知ですか? 興味深いのは、それぞれのラムに、当時各国を植民地支配していたヨーロッパ諸国の文化が色濃く反映されています。なので、ラベルを見て生産国がわかれば大体の味をイメージすることが出来るの...
ロックで飲めるおすすめリキュール5選
9月になっていかがお過ごしですか? 私JUNは、台風の影響でキャンプ予定がキャンセルになり、このために購入した道具を使いたくてたまりません。9月はもう1つ予定があるので天気がよくなることを祈ってます。 さて、先日お客様から「...
聴いてもらいたい80年代90年代の洋楽ロックアルバム10枚
先日、お客様と「無人島に持って行きたいCDアルバム3枚(ベストアルバム、サウンドトラックは除く)」というテーマで会話をしていました。そのときは悩んで3枚を厳選したのですが、音楽好きな私としてはあまりにも少なすぎた。 なので今回は「...

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。