ショットバースナフキンに定休日はございません。ご来店お待ちしております。

【ザ・ストラッツ】グラマラスな新世代ロックンロールバンド

今回は久しぶりに音楽について記事にしてみます。

基本、アメリカのロックバンドが大好きなボクですが、最近お気に入りのイギリスのバンドが現れました。それがTHE STRUTS(ザ・ストラッツ)です。

スポンサーリンク

ザ・ストラッツ

デビュー・アルバム時から、ザ・ローリング・ストーンズ、ガンズ・アンド・ローゼズ、モトリー・クルー、フー・ファイターズなど大物バンドのサポート・アクトに抜擢され、ライヴの実力とキャッチーな曲でロック・ファンを魅了しているイギリスの4人組バンド。

Body Talks

The Struts – Body Talks

2ndアルバム「ヤング&デンジャラス」のオープニングを飾る「ボディ・トークス」。

ここ数年で、最も心奪われた1曲かもしれない。アプリ「Spotify(スポティファイ)」でアルバム全曲ダウンロードして聴き始めた数秒後には、一度聴いたら耳から離れないキャッチーなフックにやられてしまった。

Primadonna Like Me

The Struts – Primadonna Like Me

先ほどと同じく、2ndアルバム「ヤング&デンジャラス」の2曲目に収録されている「プリマドンナ・ライク・ミー」。1曲目よりもさらにポップでキャッチーでド派手なロックンロールです。

オープニングからたった2曲を聴いただけで、このアルバムはボクの2018年ベストアルバムになってしまった。

Could Have Been Me

The Struts – Could Have Been Me (Official Music Video)

THE STRUTSを初めて聴いたのは、2016年3月に発売されたデビュー・アルバム「エヴリバディ・ウォンツ」に収録されている「クッド・ハヴ・ビーン・ミー」だった。

正確には、サマーソニック2016で初めて知ったんだけど。

ところで、この曲を聴いて何か感じないですか?

ヴォーカリストのルーク・スピラーの歌が上手くて説得力がすごい。そして、どことなくクイーンのフレディマーキュリーに似ているんですよね。

最後に

映画「ボヘミアン・ラプソディ」で、Queen(クイーン)というバンドに初めて興味を持った方も、昔からフレディ・マーキュリーのファンだった方も、ぜひ一度、 The Struts(ザ・ストラッツ)を聴いてみてください。

2010年代、最も注目している若手グラムロック・バンド。

サマーソニック2019にラインナップされているので、気になる方は要チェックです。

音楽
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
マスターJUN

洋楽ロックを聴きながらグラスを傾けて夜を明かしましょう。焚き火キャンプが癒しのひととき。

Twitter個人アカウント(@sunafukinjun)ではゆるーくツイートしてます。お気軽にお声掛けくださいね。

マスターJUNをフォローする
マスターJUNをフォローする
伊丹 SHOT BAR SunafukiN(ショットバー スナフキン)

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました