ショットバースナフキンに定休日はございません。ご来店お待ちしております。

ウイスキーのシングルが通常の1.5倍もある45mlだからお得なんです

 

ウイスキーをロックで頼んで、量が少なくてがっかりしたことはありませんか?ハイボールを飲んでみて薄すぎると感じたことがありませんか?

それはシングルの量が30mlだからなんです。しかし、当店は違います。普通のシングル1杯30mlではなく、1.5倍の45mlと多いんですよ。

 

スポンサーリンク

シングルとは?

ウイスキーに限らず、バーテンダーはお酒の量をメジャーカップで量ります。1杯分をメジャーカップで量り、決まった分量をグラスに注いでお客様の前に。

この1杯分の量をシングルと呼びます。

 

日本ではシングル30mlが一般的

日本でシングルの量と言えばほとんどは30ml、ダブルはその倍の60mlのお店が多いです。

なぜシングルが30ミリリットルなのか。それは、アメリカの液量単位であるオンスを基準にしているからなのです。1オンスが30ml、これをアメリカではワンショットと呼んでお酒を提供していたことから、日本でもシングル30mlが一般的になりました。

 

「オンス」と「ジガー」

液量単位で1オンスが30mlなのですが、液量単位は「オンス」以外もあるんです。それが「ジガー」。1ジガーの分量が45mlなんです。

シングルの量を「オンス」の30mlに設定するか、「ジガー」である45mlにするかで、お店によってシングルの分量の違いがあります。1.5倍の差は非常に大きいですよね

当店では1ジガーの45ミリリットルがシングルの分量です。

 

当店のシングルは45mlでお得

通常の30mlって飲んでみたら少なく感じませんか?すぐにロックグラスの中身が無くなるって思いませんか?

ですので、当店のシングルは1ジガーである45mlに設定しています。

良くお客様に言われますよ。「ウイスキーをロックで頼むと量が多い」「ハイボールが濃い」とか。1.5倍の分量ならそうですよね。

飲み手の気持ちになって、多目の量で提供させていただいています。

 

スコッチウイスキーはシングルモルトが面白い
スコッチウイスキーの中でも、一つの蒸留所のみで作られた「モルト(大麦麦芽)だけを原材料としたウイスキー」のことをシングルモルトウイスキーという。 スコットランド各地にはモルトウイスキーだけで100を超える蒸留所が存在します。スコッ...
スタンダード・メニュー
日本のBARでは通常シングルは30mlですが、当店のシングルは1.5倍の45mlです。 チャージ    300円 エビス生ビール 600円 ウイスキー   600円~ カクテル    600円~ こちらのページには...

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。