かわいいラベル!黒いアザラシが描かれたイギリス領バミューダ諸島産ラム

バーに飲みにいって、新しいお酒を教えてもらってもイマイチ覚えにくいですよね。

そんなときは、見た目にインパクトがある銘柄を選んでみてください。

バーではカウンターの奥にボトルが並んでいますよね。ずらりと並べられたボトルををみても、お酒に詳しくないと知らないモノばかりで迷ってしまう方も多いです。

そんなときは見た目のルックスで選んでみてはいかがでしょうか?

今回は、かわいいラベルのラム酒をご紹介させていただきます。

目次

ゴスリング ブラックシール ラム

イギリス領バミューダ諸島産ラム。

7代200年の歴史から造られるブラック・シール・ラムは、存在感のあるボディ、ラムらしい香ばしさと熟成感のバランスが抜群のゴスリング社の看板ラムです。

本当にアザラシ?

white seal on soil

でも、このボトルのラベルに描かれているのは本当にアザラシなのでしょうか?

英語で「seal」とは、「アシカ科(Otariidae)およびアザラシ科(Phocidae)の、海生の肉食性哺乳類の総称」とあります。アシカなのか、アザラシなのか疑問が残りますね。

なので、ネットで調べました。

カンタンな見分け方ポイント3つ

❶後脚:アシカの後脚は関節できちんと折り曲げて、前に向けることができる。そのため陸での移動も素早い。アザラシは後ろに伸びたままで前に曲げられない。
❷前脚:アシカの前脚は大きく、陸上では自分の体重を支えるほどに頑丈。前に曲げられる後脚も同時に利用し、陸上を「走る」こともできる。アザラシの前脚は非常に小さく、陸を移動する際は這うしかない。
❸耳:アシカには小さな耳介(耳たぶ)があるが、アザラシの場合は耳介がない。

引用:https://marinediving.com/marine_life/serial_marine_life/sealion_and_seal/

ボクの中のイメージでは、上体を起こせず寝そべっているのはアザラシ。

水族館などで芸をしたり、陸上でも素早く動けるのはアシカ。

見分け方を参考にすると、ラベルの絵はアシカだとボクは思います。

最後に

見た目にインパクトがあるボトルを選ぶと、名前を忘れてもルックスで覚えることができます。

アシカもしくはアザラシの絵が描かれているラム酒といえば「ゴスリング ブラックシール ラム」だと、ボクならすぐにわかりますよ。

ぜひ一度お試しください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる