【ラム】トロワ・リヴィエール アンブレとオールド・モンク2種が入荷しました

3種類のラムが新しく入荷しました。

インドの「オールド・モンク」2種類と、フランス領マルティニーク島のアグリコール・ラム「トロワ・リヴィエール」です。

入手が困難になっているようで、やっと購入することが出来ました。

限定商品ですので、お早めにお試しくださいね。

目次

トロワ・リヴィエール アンブレ

カリブ海に浮かぶマルティニーク島はフランスの海外県にあたります。その島の南部、海岸沿いを走る道沿いにトロワ・リビエール蒸留所は建っています。

トロワ・リビエール(Trois Rivieres)とはフランス語で「3本の川」を意味し、120ヘクタールの広さを誇る自社農園の中を流れる3本の川に由来しています。

通常のラムと異なり、フランスのAOCで規定されたアグリコール製法(サトウキビから絞られた糖液を発酵して蒸留する製法)で作られるそのラムは、比類なき柔らかな芳香と味わいを持ち、マルティニーク島で最も人気の高いブランドの一つです。また、高い品質の熟成ラムは全世界的に有名であり、コニャックを思わせる繊細な香りとフルボディでスパイシーな味わいが、全てのラムファンを魅了し続けています。

アンブレは、オーク樽熟成品。 新鮮なサトウキビのアロマ、バニラ、フルーティー、アグリコール・ラムの古典的な味わい。

平均熟成年数4年と若いながらも軽やかで香ばしい樽の香りと、サトウキビに由来する花々やジャムのような香りを持ち合わせたラム。やさしく甘い糖分とバナナのような味わいです。

オールド・モンク 7年

インド産のラム。
1855年設立のモハンメッケン社が製造。ヨーロッパを中心に評価が高く、1982年にはモンドセレクションで金メダルを受賞しています。滑らかなボディ、キャラメルのニュアンスを持つ香り、濃厚でチョコレートを連想させる。

現在、当店でも入荷が困難になってますが、なんとか2本確保しました。お早めに。

オールド・モンク ザ レジェンド

インドの醸造・蒸留業者のモハン・メッケン社は、世界で最大のラム製造業社の一つ。サトウキビ・ジュースとモラセスを原料に蒸留したラムをブレンドしています。
「ザ・レジェンド」のボトルは、1800年代後半にインドでオールドモンクを生産しはじめたイギリスの企業家“HG・メッケン”の頭部をかたどっています。
味わいは、焦がしたキャラメル、糖蜜、熟したフルーツ、非常に複雑。

通常のオールドモンク7年よりも、まろやかで強いバニラ感のコクがあります。

こちらのレジェンドも、品薄ですので今回のボトルが最後になります。ぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる